FC2ブログ

RSS|archives|admin

Q34:バブルの陰 (罪なおはぎ)

2018.06.16 Sat
最近、和菓子が私の中でブームになっています。

糖質と脂質を抑えてたダイエットをしていまして、
脂質の多い洋菓子は週に一つ、脂質の少ない和菓子は二日に一つだけという、
スウィーツ好きの私には、結構厳しい戒律を、4月頃からわが身に強いています。

というわけで、私の生きがいであるスウィーツは和菓子がメインになりました。

二日に一個しか食べられないので、おのずと質を求めるようになります。

今はありがたい評価サイトが多数ありますので、近所から仕事さきまで、評判の和菓子屋がないかチェックしてます。

和菓子の中でも私的に今一番ホットなのが、おはぎです。

おはぎで美味しいお店がないか、いろいろ調べていましたら、
千日前通の日本橋駅の近くに「玉製家」という
行列ができるおはぎの専門店を発見しました。

日曜祝日と木曜日が定休日で、14時開店で売り切れまでやっているとのこと。

なんばに用事がある時に、早速行ってみることにしました。

行列ができるというので、開店15分前に行ったのですが、すでに20名ぐらい並んでいました...

そして接客がとても丁寧なので、開店してからもなかなか列が進まず、結局一時間待つことに...

例えどんなに、どんなにおいしくっても、
さすがにおはぎで一時間待つというのは私のなかではありえなかったので、
もうリピートはないかな...とくたくたになって、帰ってきて食べたのですが...

うますぎる(;´Д`)

なんだこのもち米部分のやわらかさと味わいは...

なんと表現していいのかわかりませんが、めちゃくちゃおいしい。

どうしてももう一回食べたい(T_T)

いったい開店何分前に行けば、一番乗りで並ぶことができるのでしょうか?...


35355386_1717779325003327_1242359993773064192_n.jpg
↑ 罪なおはぎです


さて、クイズの問題です。


“バブル”と聞くと、わが国の1980年代後半から1990年代初めぐらいまでの社会的な現象を思い浮かべる人が多いと思います。

“マハラジャ”“ボディコン”“ゴージャス”“社員旅行がハワイ”青田買い”“ゴッホのひまわり”などなど...

最近、お笑いタレントの平野ノラさんが、バブル期の文化をネタにしたパーフォーマンスをされていましたので、
若い方でもおなじみになったのではないでしょうか。


この“バブル”ですが実は「バブル経済(bubble economy)」という立派な経済用語です。

どの国でも、いつの時代でも起こりがちな、経済の状態のことを指すのですが、ではどのような状態のことをいうのでしょう。


1.ゴージャスなお風呂の中の石鹸で戯れてても儲かるぐらい、景気がよい状態。

2.不動産や株式などの価格が、実際の価値よりもかけ離れて上がり続けている状態。

3.シャボン玉が漂っているみたいに、先行きが不安定な経済の状態。

★----------------------------------------☆


答えは、2.不動産や株式などの価格が、実際の価値よりもかけ離れて上がり続けている状態 です。

バブルはビールの泡のことです。

ビールを注ぐと、コップの上の方に泡の層ができますので、かさが高くなります。

だけど時間が経つと泡はなくなってしまい、実際のビール部分だけになります。

実際の価値よりも高い部分をビールの泡(つまり実体のないもの)になぞらえてバブルといいます。

たとえば、本来の不動産の値段は、実際にその不動産を使いたい人の多さで決まります。

使いたい人が増えれば、価格は上がり、減れば下がります。

でも不動産の場合、実際にその不動産を使いたいと思う人以外の人も欲しがります。

不動産を安い時に買って、高くなったら売って利益をあげようとする投資家や、
アパートやマンションのオーナーになって家賃収入を得ようとする投資家です。

このような投資家の行動が活発になると、実際に使う人の需要を上回る価格になってしまいます。。

この状態がバブルです。
投資家は実際に不動産は使わないので、そんなに必要とされていないものに対して値段だけがどんどん上がっていっている状態になってしまいます。

そしてあまりにも実際に不動産を使う人の需要と値段がかけ離れた時、値段が下がりはじめます。
下がりはじめると、投資家は、損をさけるため一斉に売り出します。
そして値段が急激に下がります。

これがバブル崩壊です。

1991年のバブル崩壊前、日本の不動産価格は高騰していました。

どのぐらい高くなっていたかというと、東京の山手線内の土地の値段で、米国全土の土地が買えるぐらいに上がっていました。

クレイジーですよね...

でもこのバブルがやっかいなのは、バブル中はバブルの状態なのかどうかわかりにくいことです。

バブルが崩壊してから、初めてバブルだったのがわかるみたいな感じです。

実は今、都市部の不動産の価格、特にマンションの価格があがっています。

不動産投資ブームの影響だと思います。

日本の人口はどんどん減っているのに、実際に住みたい人のニーズがあるのかとてもとても疑わしいです。

もしこれから家やマンションを買う場合は、価格に対して、実際にその価値があるのか十分に検討してから決めるようにしましょう。


☆☆セミナーのご案内☆☆

●『女性のためのわかりやすい経済ニュースの読み方教室』(毎月開催)



Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:お金と経済のちょっとクイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<Q35:地震保険 (“もったいない”認知バイアス) | HOME | Q33:公的年金の給付の種類 (モイストヒーリング)>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://fpychoice.blog15.fc2.com/tb.php/43-8b092124