RSS|archives|admin

Q38:人口減少問題 (スーパーのウナギの焼き方のセオリー)

2018.07.15 Sun
毎日のようにウナギが食べたくなる、厳しい暑さになりました。

鰻屋さんに食べにいきたいのですが、
やはりコスト的に気軽にはいけませんので、
スーパーで売っているものを食べています。

このスーパーで売っているウナギ、
鰻屋さんで食べるものと比べると、正直かなり妥協した味です...

少しでも美味しく焼けるコツはないものか、ネットで調べてみましたら、
驚愕の小技を発見しました。

なんと、ウナギに塗られているタレを
一度洗い流してから焼くと美味しくなるそうです。

スーパー等で売っているウナギに塗られているタレは、
見栄えをよくするために塗られているもので、
そのまま焼くとおいしくないそうです。

ですので、バット等にいれて熱湯をかけて洗い流して、
キッチンペーパーで拭いてから、焼くのがセオリーなのだそう。

あと、レンジで温めると固くなるのでNGだそうで、
グリルでアルミホイルに包んで焼くか、オーブンで焼くのがよいようです。

早速試してみましたら、ふっくらと香ばしく、いい感じで焼けました♪

これなら、妥協度合いがぐんと減ります。

国産のウナギは、スーパーでも高いですが、
ちょっとスタミナつけたいときに、奮発しやすくなりました♪

f8652b6a7e7a4ea8a08a2e7e9e42d32d_s.jpg



さて、クイズの問題です。

日本経済のとても大きな課題は、日本の人口が減少し続けていることです。

では、この人口減少で想定される日本の問題で、あまり関係がないのは次のうちどれでしょう?


1、人口が減るということは、マーケットが縮んでいくということなので、国内の消費量が減って経済が縮小してしまう。

2、人口が減るということは、労働人口が減るということなので、国内で生産する量が減って経済が縮小してしまう。

3、人口が減るということは、日本の株式投資家が減るということなので、日本の株価が下がって経済が縮小してしまう。


★----------------------------------------☆


答えは、3、人口が減るということは、日本の株式投資家が減るということなので、日本企業の株価が下がって経済が縮小してしまう。 です。

日本企業の株式は、外国の投資家でも買えますので、日本の人口が減ることで株価が下がってしまうという直接の影響はありません。


深刻なのが、マーケットが縮む、つまり消費者の数が減ってしまうということと、労働人口が減ってしまうことです。

この人口減少の問題に今、企業と政府がどのように取り組んでいるかですが、

まず企業は、海外にマーケットをどんどん広げていく動きを活発に行っています。

自動車や電化製品などのメーカーは、以前から活発に海外に輸出を行っていたのですが、
これまで、国内で主に商売をしていた企業、例えば食品メーカー、外食チェーン、銀行や保険会社も、今盛んに海外進出を行っています。

政府も、これまで国内向けだった産業の海外展開をバックアップする政策を立てています。

例えばクールジャパン戦略として、和食や日本酒、アニメや映画などのコンテンツ産業の海外進出を促進するために、広報活動などの取組みを行っています。

そして労働人口が減少していく問題に対しては、働き方改革に取り組んでいます。

これまで労働に参加をしていなかった人、
例えば、子育て中の女性やシニア世代の人に、労働参加を促す政策を行ったり、
生産性を上げるために、長時間労働を改善するような政策を進めたりしています。

もっと外国の人に日本に来てもらって働いてもらうことも、検討されています。


これから日本は、この人口減少問題には、しっかりと向き合っていかなければなりません。

政府や企業の取組みがどのように進んでいるのか、
ぜひニュースなどで注目してください。


☆☆セミナーのご案内☆☆

●『女性のためのわかりやすい経済ニュースの読み方教室』(毎月開催)



Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:お金と経済のちょっとクイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Q37:イデコ (奇跡の折り畳み傘)

2018.07.07 Sat
私は物持ちが良いほうだと自分で思うことが多いのですが、

私の所有物で、けっこう長いこともってるよね~って思うのが、
折り畳み傘です。

いつ買ったのかは定かではないのですが、推定14年ぐらい前ではないかと思います。

赤い色の薄型軽量折り畳み傘です。

私は、少しの雨でも濡れたくない方なので、すぐに傘をさしたがります。

ですので、どんなに晴れている時でも、必ず折り畳み傘を持ち歩いているのですが、
薄型で軽量の折り畳み傘が発売されるようになって、かばんに入りやすくなったので、とても喜んでいます。

この薄型軽量の折り畳み傘、友人もよく使っているとのことですが、3~4年ぐらいでだいたい壊れていくとのこと。

やはり薄型軽量なので、華奢なつくりのせいか、金属疲労を起こしやすく、耐久性があまりないようです。

しかし私の赤い傘は、なかなか壊れません。

幾多の台風にも負けることなく、ぴんぴんしています。

私は、電車に乗る時に邪魔になったり、置き忘れてしまったりするので、折り畳みでない普通の傘を持ち歩くのがあまり好きではありません。

よほど雨が激しくない限り、折り畳み傘を使うようにしています。

ですので、結構使用頻度が高いと思うのですが、なぜか金属疲労を起こすこともなく、元気に働いてくれています。

なぜだろうと考えてみたのですが、もしかしたら、色が赤だからかもしれないと最近推察しています。

色彩心理学によると、赤は「生命」とか「エネルギー」とか「情熱」という抽象イメージですので、赤色のモノもそんな波動が働いているのではないかと...

まあ理由はともあれ、大切にいたしますので、末永く元気に働いてください(^^)

IMG_9611.jpg



さてクイズの問題です。

今は少子高齢化によって、平均的なライフスタイルの人でも、
国の年金だけでは老後の生活費は十分でない時代です。

ですので、不足する分を現役時代に自助努力で準備をしておくことが、求められています。

そんな老後の資金を積み立てる方法として、イデコ(iDeCo=個人型確定拠出年金)があります。

このイデコは、税制を優遇してくれる国の制度です。

加入すると専用の口座が設定されて、その口座で任意の金額を毎月積み立てていくのですが、
法律で原則60歳まで引き出すことができないようになっています。

その代わりに、税制面での優遇措置が受けられます。

その税制の優遇措置の一つに、「掛金の全額所得控除」というのがあります。

これは、その年の積立てた金額分を税金の計算から引いてくれるというものです。

ですので、払う税金が安くなります。


では、税金がどのぐらい節税できるのか、次のうち一番近いものはどれでしょう?


1、年収300万円の人が毎月10,000円積立てた場合、一年間でおよそ5,000円節税できる。

2、年収300万円の人が毎月10,000円積立てた場合、一年間でおよそ10,000円節税できる。

3、年収300万円の人が毎月10,000円積立てた場合、一年間でおよそ18,000円節税できる。


★----------------------------------------☆

答えは、3、年収300万円の人が毎月10,000円積立てた場合、一年間でおよそ18,000円節税できる。 です。


収入を得たら、その収入に対して所得税と住民税を支払わなければいけません。

会社員は、給与や賞与から所得税と住民税が天引されています。

何%ぐらい引かれているかですが、住民税はどこにお住まいの人でも10%ですが、
所得税は日本は累進課税になっていますので、所得の大きさによって5%~45%になっています。

ですので、最低でも所得税と住民税を合わせて、15%収入から税金が引かれているということになります。

もし、収入から税金が15%引かれている人が、イデコで毎月1万円円積立てた場合、一年間で12万円積み立てるということになります。

イデコで積立てると、この12万円が税金の計算から引いてくれるということになりますので、

12万円×15%=18,000円 が節約できるということになります。

年間18,000円ですので、10年間だと18万円、20年間だと36万円が節税できる金額ということになります。

ですので、老後の資金を積み立てる手段としては、とても効果的です。

ただ、法律で60歳まで引き出すことができないので、積立てる金額を決めるときは、現役時代に必要な資金が足りなくならないように注意が必要です。

年に一度金額を変更することができますので、ご自身のライフプランに応じて、柔軟に設定することが可能です。

積立てる商品は、定期預金や投資信託など、
いろんなタイプの金融商品から選ぶことができるようになっています。

申込は、イデコを実施している銀行や証券会社、保険会社などの金融機関を選んで、金融機関に直接申し込みます。

詳しくは、下記のURLをご参照ください。

https://www.dcnenkin.jp/


☆☆セミナーのご案内☆☆

●『女性のためのわかりやすい経済ニュースの読み方教室』(毎月開催)





Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:お金と経済のちょっとクイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Q36:労働生産性 (観劇の悩み)

2018.06.30 Sat
私にとって映画館で映画をみたり、観劇をする時の最大の課題は、眠気との戦いです。

せっかく楽しみにしていたのに(チケット代、結構高かったのに)、
観賞中いつの間にか落ちてしまっているということが、多々起こります。

別につまらないからというわけではなく、またそんなに疲れていなくても、
暗い場所だとついウトウトしてしまいます。

家でテレビを見ている時は、疲れていなければ居眠りすることはないので、
恐らく場所が暗いことが原因なのでしょう。

事前にコーヒーを飲んでおいたり、ミントタブレットをなめたり、
炭酸水を持ち込んだりして、とにかくがんばるのですが、
なかなかよい対策が見つかりません。


最近歌舞伎を見に行く機会が増えたのですが、
毎回30%~40%ぐらいは寝ている気がします。

特に歌舞伎の場合は、場所の暗さプラス、
セリフが七五調で音楽のようなリズムですし、
文語体なのでちょっとわかりにくいですし、
三味線や太鼓や笛の演奏はとても心地よいですので、
ますます眠気が促されてしまいます。

観劇で必ず寝ちゃうなんて、ちょっと無粋で子供っぽいなーって思います。

なにかよい方法はないものでしょうか...

一度ぐらい100%覚醒して、粋に大人っぽくわが国の伝統芸能を堪能してみたいものです。

f7ae102143725bf5d217f792a0e7cf6a_s.jpg



さて、クイズの問題です。

その国の国民が、どのくらい効率よく働いているかをはかる統計のひとつに、
労働生産性というものがあります。

労働者一人あたり、或いは一時間あたり、どのぐらい付加価値を生産したかを計算します。

では、2016年の一時間あたりの労働生産性の国際比較で正しいものは次のうちどれでしょう?


1、日本人は、ドイツ人よりも、一時間あたりの生産性が約30%低い

2、日本人は、フランス人よりも、一時間あたりの生産性が約30%高い

2、日本人は、イタリア人よりも、一時間あたりの生産性が約15%高い

★----------------------------------------☆

答えは、1、日本人は、ドイツ人よりも、一時間あたりの生産性が約30%低い です。


日本は、一時間あたりの労働生産性が、他の先進国と比べて低いと言われています。

他の主要先進国、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、カナダの中で一番低いです。

今、政府が行っている改革の一つに働き方改革があります。

日本は人口が減少しつづけていますので、労働力も減り続けているということになります。

労働力が減るということは、日本全体の生産力が落ちていくということになりますので、
経済的にはとても深刻な問題です。

ですので政府としては、この労働力の減少を補うために働き方改革を進めています。

まず、今まであまり労働に参加していなかった層の人たちにも働いてもらおうということで、
子育て中の女性、シニア層、介護中の人などにも、
働きやすくなるような環境を整えるためのさまざまな改革を行っています。

例えば、子育てをしながらでも働くことができるように、待機児童を解消する等です。

そして、減っていく労働人口で、より効率的に働くことができるように、
労働生産性の向上を促す改革も進めいています。

まず残業時間を減らして、長時間労働を是正するといった政策や、
専門的な職種の人に対して、時間でなく成果で評価するという報酬体系の見直し等です。

この人口減によって労働人口が減っていくという問題は、
日本がこれから向き合わないといけない大きな課題です。

働き方改革によって、日本の労働生産性が向上するかどうか、ぜひ注目してください。

☆☆セミナーのご案内☆☆

●『女性のためのわかりやすい経済ニュースの読み方教室』(毎月開催)




Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:お金と経済のちょっとクイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Q35:地震保険 (“もったいない”認知バイアス)

2018.06.22 Fri
この度の大阪北部を震源とする地震により、被害に遭われた方々へ心からお見舞い申し上げます。

6月18日の地震が起きた時刻、私は丁度仕事先に向かっていまして、電車内にいました。

緊急停車した最寄のJR西宮駅に、運転再開まで2時間ぐらい待機していたのですが、
目途が立ちそうにないので、仕事はキャンセルになり、帰宅することになりました。

電車は、私鉄、JRとも完全に止まっているので、何とかバスを乗り継いで帰ろうと思い、
JR西宮駅から出ているバスの行先を調べようとバス停までいってみると、
すでに長蛇の列。

因みにタクシー乗り場も長蛇の列。

方角的には、家に一番近づく阪神尼崎駅行がよさそうだったのですが、一番列が長い感じでした。

ただ時刻表をみると20分ごとに本数があるようでしたので、
ある程度待てば乗れるだろうと思い並ぶことにしました。

ところが、待てど待てどなかなか来ず、やっと40分ぐらいしてから来たのが、
すでに満員で、先頭の数名が乗れる程度でした。

それでも待つしかないので、じっと待っていましたら、
次は1時間後ぐらいにきて、また先頭の数名が乗れる程度。

恐らく道路は渋滞なのでしょうが、それでも20分ごとに本数がある割にはぜんぜん来ない!

逆向きの、阪神西宮駅行きは20分ぐらいで来ている感じです。

なんでだろう...と考えて、ふと気づいたのですが...

『基本的に大阪に向かっている人が多いので、阪神尼崎駅行きはとても混んでいる。

そして、阪神尼崎駅行きのバスは、阪神西宮駅が始発である。

(阪神西宮駅→JR西宮駅→阪神尼崎駅)

なので、阪神西宮駅から乗る人ですでに満杯になってしまった場合、JR西宮駅で降りる人がいなければ、JR西宮駅は止まらずにそのまま阪神尼崎駅に向かう。

今は鉄道はストップしているので、阪神西宮駅から乗ってきた人でJR西宮駅で降りる人はほとんどいない。

JR西宮駅のバス亭はロータリーにあるので、バスがそのまま国道2号線を通過していてもだれも気づかない。

ということは、いったん逆向きの阪神西宮駅行のバスに乗って、阪神西宮駅まで戻ってから並んだ方が確実なのでは?』


しかし並んでからすでに時間が経っていて、
私の後ろにはかなりの長蛇の列があります。

せっかくここまで待ったのに、もったいないかも...

あともう少し待てば、乗れるかもしれないし...

もし阪神西宮駅まで戻っても、また長蛇の列に並びなおさないといけなくて、結果的によけい遅くなるかもしれないし...



などなど、もんもんと葛藤してなかなか踏ん切りがつかず、
そのまま延々と2時間ぐらい待って、ようやく乗ることができました。

結局どっちが早かったのか本当のところはわかりませんが、
後で冷静に考えてみれば、気づいた時に潔く動いていた方が、
かなりの確率で早かったのではないかと思います。

「せっかく待ったのにもったいない」という、
自分のちょっとセコくて非合理的な思考の偏り(認知バイアス)を
痛感してしまいました。

まるで株式の損切がなかなかできない人みたいだ...

そして渋滞であまり進まない満員のバスの中で、
運転手さんから阪神電車が運行を再開したとのアナウンスを受けたのでした...

でもとにかく無事に帰ることができてよかったです。

この日はもっと大変な思いをされていた人が多かったと思いますので、私はまだまだ運がよかったと思います。

143842b.jpg


さて、クイズの問題です。

地震で生じた家や家財の損害に備えるためにある地震保険ですが、
この地震保険の特徴として、正しいものは次のうちどれでしょう?

1、単独では加入できず、火災保険とセットで加入しなくてはならない。

2、地震や津波で生じた家や家財の損害の全額が保険金として支払われる。

3、地震保険料は、建物の構造が同じであれば、全国共通である。

★----------------------------------------☆

答えは、1、単独では加入できず、火災保険とセットで加入しなくてはならない。です。


火災保険では、地震、津波、噴火によって生じた家や家財の損害については補償されませんので、
地震保険に加入する必要があります。

ただ、地震保険は単独で契約することができませんので、火災保険に付帯して契約します。

(一部の少額短期保険には、単独で加入することができるものもあります。)

設定できる保険金額は、主契約である火災保険の30%~50%の範囲です。

さらに建物5,000万円、家財1,000万円が限度になっています。

そして全壊は100%、大半損は60%、小半損は30%、一部損は5%というように、損害の程度に応じて保険金が支払われます。

保険料は、鉄骨造、コンクリート造、木造など建物の構造と所在地(都道府県)によって決まります。

いろいろ制約が多いのは、巨大地震の発生時に保険会社が、
保険金の支払いに支障が出ない範囲で引受けを行う必要があるからです。

保険金額に制約がありますので、地震保険は万能ではありません。

地震で家が全壊した場合でも、保険金で同じ家を再建することはかなり難しいです。

でもいつ、どこで起こるかわからないのが大地震。

地震によるダメージをできるだけ少なくするために、地震保険について検討してみましょう。


☆☆セミナーのご案内☆☆

●『女性のためのわかりやすい経済ニュースの読み方教室』(毎月開催)



Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:お金と経済のちょっとクイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Q34:バブルの陰 (罪なおはぎ)

2018.06.16 Sat
最近、和菓子が私の中でブームになっています。

糖質と脂質を抑えてたダイエットをしていまして、
脂質の多い洋菓子は週に一つ、脂質の少ない和菓子は二日に一つだけという、
スウィーツ好きの私には、結構厳しい戒律を、4月頃からわが身に強いています。

というわけで、私の生きがいであるスウィーツは和菓子がメインになりました。

二日に一個しか食べられないので、おのずと質を求めるようになります。

今はありがたい評価サイトが多数ありますので、近所から仕事さきまで、評判の和菓子屋がないかチェックしてます。

和菓子の中でも私的に今一番ホットなのが、おはぎです。

おはぎで美味しいお店がないか、いろいろ調べていましたら、
千日前通の日本橋駅の近くに「玉製家」という
行列ができるおはぎの専門店を発見しました。

日曜祝日と木曜日が定休日で、14時開店で売り切れまでやっているとのこと。

なんばに用事がある時に、早速行ってみることにしました。

行列ができるというので、開店15分前に行ったのですが、すでに20名ぐらい並んでいました...

そして接客がとても丁寧なので、開店してからもなかなか列が進まず、結局一時間待つことに...

例えどんなに、どんなにおいしくっても、
さすがにおはぎで一時間待つというのは私のなかではありえなかったので、
もうリピートはないかな...とくたくたになって、帰ってきて食べたのですが...

うますぎる(;´Д`)

なんだこのもち米部分のやわらかさと味わいは...

なんと表現していいのかわかりませんが、めちゃくちゃおいしい。

どうしてももう一回食べたい(T_T)

いったい開店何分前に行けば、一番乗りで並ぶことができるのでしょうか?...


35355386_1717779325003327_1242359993773064192_n.jpg
↑ 罪なおはぎです


さて、クイズの問題です。


“バブル”と聞くと、わが国の1980年代後半から1990年代初めぐらいまでの社会的な現象を思い浮かべる人が多いと思います。

“マハラジャ”“ボディコン”“ゴージャス”“社員旅行がハワイ”青田買い”“ゴッホのひまわり”などなど...

最近、お笑いタレントの平野ノラさんが、バブル期の文化をネタにしたパーフォーマンスをされていましたので、
若い方でもおなじみになったのではないでしょうか。


この“バブル”ですが実は「バブル経済(bubble economy)」という立派な経済用語です。

どの国でも、いつの時代でも起こりがちな、経済の状態のことを指すのですが、ではどのような状態のことをいうのでしょう。


1.ゴージャスなお風呂の中の石鹸で戯れてても儲かるぐらい、景気がよい状態。

2.不動産や株式などの価格が、実際の価値よりもかけ離れて上がり続けている状態。

3.シャボン玉が漂っているみたいに、先行きが不安定な経済の状態。

★----------------------------------------☆


答えは、2.不動産や株式などの価格が、実際の価値よりもかけ離れて上がり続けている状態 です。

バブルはビールの泡のことです。

ビールを注ぐと、コップの上の方に泡の層ができますので、かさが高くなります。

だけど時間が経つと泡はなくなってしまい、実際のビール部分だけになります。

実際の価値よりも高い部分をビールの泡(つまり実体のないもの)になぞらえてバブルといいます。

たとえば、本来の不動産の値段は、実際にその不動産を使いたい人の多さで決まります。

使いたい人が増えれば、価格は上がり、減れば下がります。

でも不動産の場合、実際にその不動産を使いたいと思う人以外の人も欲しがります。

不動産を安い時に買って、高くなったら売って利益をあげようとする投資家や、
アパートやマンションのオーナーになって家賃収入を得ようとする投資家です。

このような投資家の行動が活発になると、実際に使う人の需要を上回る価格になってしまいます。。

この状態がバブルです。
投資家は実際に不動産は使わないので、そんなに必要とされていないものに対して値段だけがどんどん上がっていっている状態になってしまいます。

そしてあまりにも実際に不動産を使う人の需要と値段がかけ離れた時、値段が下がりはじめます。
下がりはじめると、投資家は、損をさけるため一斉に売り出します。
そして値段が急激に下がります。

これがバブル崩壊です。

1991年のバブル崩壊前、日本の不動産価格は高騰していました。

どのぐらい高くなっていたかというと、東京の山手線内の土地の値段で、米国全土の土地が買えるぐらいに上がっていました。

クレイジーですよね...

でもこのバブルがやっかいなのは、バブル中はバブルの状態なのかどうかわかりにくいことです。

バブルが崩壊してから、初めてバブルだったのがわかるみたいな感じです。

実は今、都市部の不動産の価格、特にマンションの価格があがっています。

不動産投資ブームの影響だと思います。

日本の人口はどんどん減っているのに、実際に住みたい人のニーズがあるのかとてもとても疑わしいです。

もしこれから家やマンションを買う場合は、価格に対して、実際にその価値があるのか十分に検討してから決めるようにしましょう。


☆☆セミナーのご案内☆☆

●『女性のためのわかりやすい経済ニュースの読み方教室』(毎月開催)



Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:お金と経済のちょっとクイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |